幼児用自転車は泥よけ無くとも問題なし

泥よけ付けずにぬかるんだ道を走ってみた

必要性どう!?泥よけのないルイガノ16インチでぬかるんだ道を走ってみた


このエントリーをはてなブックマークに追加   

泥よけは「フェンダー」とも呼ばれますが、当ホームページでは泥よけと呼ぶこととします。

 

さてさて、私はLGS-J16の購入時、泥よけは付けていません。

 

lgs-j16

 

つけなかった理由としては、

 

雨の日乗りますか??いえ、乗りません。

 

という理由からです。

 

僕はむしろ、

 

雨の日は走らないからよしとして、ぬかるんだ道による泥はねが気になってました。

 

ぬかるんだ道を実際走ったらこうなった

 

で、ある日公園に行ったら、グラウンドの霜柱が溶けた後でぐちゃぐちゃでした。

 

自転車も公園まで持ってきちゃったし、娘も乗りたそうだし。。。。

 

という事でルイガノ16インチで、実際にぬかるんだ道を体験してみました!

 

泥除けを買おうか、買うまいか悩んでいる人にも凄く参考になると思います。

 

lgs-j16_030

 

↑実際の道の感じです。このような道を幾度も行き来しました。

 

で、その結果、自転車の車体はどうなったのでしょうか!?

 



 

こうなりました!

 



 

LGS-J16_031

 

↑ダウンチューブを下から見上げて撮影してみました。やはり泥は付きますね。

 

LGS-J16_032

 

↑後輪スイングアーム付近です。

 

泥除けなしでぬかるんだ道を走ってみた感想

 

まぁ。こんなもんでしょ。
個人的には思ったより被害は少ないかな。という印象です。

 

僕だったら、この程度なら泥除けは敢えてつけず、車体のすっきり感を重視します。

 

という事で今後もつけない方向で。

 

この程度でも嫌だ!

 

という方は泥除けの購入を検討してみてください。
(そんなに高くないですし)

 

 

この記事に関連する記事はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加